居酒屋「九州熱中屋」×ドラマ「めんたいぴりり」のコラボメニュー 主演の華丸さんが命名

印刷

   関東を中心に展開する九州の郷土料理を提供する居酒屋「九州熱中屋」が、福岡のテレビ西日本が放送している人気ドラマ「めんたいぴりり2」のDVD発売を記念したコラボレーションメニューを2015年6月24日から期間限定で提供する(一部店舗除く)。

   コラボ企画開始に先立ち、6月17日、ドラマで主演しているお笑いコンビ博多華丸・大吉の博多華丸さんらによるDVD試写、メニュー試食イベントが、東京・上野の「九州熱中屋・上野LIVE店」で行われた。

  • イベントに駆け付けた博多華丸さん
    イベントに駆け付けた博多華丸さん
  • 明太子を入れたでごわす
    明太子を入れたでごわす
  • めんプラ
    めんプラ
  • 出演者らもメニューに舌鼓
    出演者らもメニューに舌鼓

明太子をユニークにアレンジしたメニュー

   「めんたいぴりり」はテレビ西日本開局55周年を記念して製作された特別ドラマだ。福岡の大手明太子メーカー「ふくや」の創業者・川原俊夫さんをモデルに、戦前から戦後にかけて明太子の誕生にまつわるエピソードをコメディタッチで描いている。

   イベントには、華丸さんのほか、共演者の斉藤優さん、瀬口寛之さん、福場俊策さん、井上佳子さん、監督の江口カンさんらが駆け付けた。

   限定メニューは、「かまめしぴりり」(850円、税抜=以下同)、「明太子を入れたでごわす」(690円)、「めんたいこん」(690円)、「メンぷら」(690円)の4品で、ふだんとは一味違うユニークな明太子のアレンジを楽しめる。メニューは華丸さんが命名した。

   「かまめしぴりり」は釜で炊いたご飯に明太子をのせて食べるシンプルなメニュー。粘りがあり、しっかりとした食感の白米と、明太子の爽やかな辛味との相性が抜群だ。

   「明太子を入れたでごわす」は長崎県の五島列島でとれた白身魚を使ったすり身に、明太子と大葉を混ぜてさつま揚げに仕上げた。すり身の甘さの中にほのかな明太子、大葉の風味が効いている。付け合せのショウガと口に運ぶと、ぐっと味が引き締まる。

   「めんたいこん」はスライスした大根に、軽く炙った明太子を合わせて、マヨネーズでいただく。大根のみずみずしい食感と明太子の辛さ、マヨネーズのコクのバランスが絶妙だ。

   「メンぷら」は明太子を天ぷらにした珍しいメニュー。程よく火が通ったレアな食感で、明太子のプチプチとした食感を残しつつ、濃厚な味わいが口に広がる。華丸さんはメニュー名について

「最初、"ぷら"をカタカナにしようとしたんですけど、なんかのプラモデルみたいになっちゃうので、ひらがなにしました」

と、会場の笑いを誘った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中