1話60分×10話全編麻雀シーン ドラマ版「アカギ」

印刷

   BSスカパー!オリジナル連続ドラマ第3弾「アカギ」の制作発表会見が2015年6月23日、東京・赤坂の同局で行われ、主要キャストの本郷奏多さん、津川雅彦さん、田中要二さん、神保悟志さんらが出席した。

  • キャストはドラマの衣装を着て出席
    キャストはドラマの衣装を着て出席
  • 原作を手掛ける福本さんと湘南乃風のSHOCK EYEさんも出席
    原作を手掛ける福本さんと湘南乃風のSHOCK EYEさんも出席
  • 赤木しげる(役・本郷奏多さん)と鷲津巌(役・津川雅彦さん)
    赤木しげる(役・本郷奏多さん)と鷲津巌(役・津川雅彦さん)
  • 原作マンガのフリップを使って作品の魅力を説明する場面も
    原作マンガのフリップを使って作品の魅力を説明する場面も

現金の代わりに血液を賭ける「鷲津麻雀」が舞台

   原作は、シリーズ累計発行部数1000万部を超える、福本伸行さんの人気麻雀漫画「アカギ~闇に降り立った天才~」(竹書房「近代麻雀コミックス」刊)。ドラマでは、本郷さん演じる主人公・赤木しげるが、津川さんが演じる宿敵・鷲津巌を相手に現金の代わりに血液を賭ける特別ルールの麻雀で死闘を繰り広げる「鷲津麻雀」編を実写化する。

   ドラマは1話あたり60分の全10話をかけて1晩の麻雀の様子を描くといった異色の構成。麻雀の立ち会い人、仰木武司役を演じる田中さんは、

「この企画は、『24』を超えているんじゃないですか。『24』は24時間を24話で描きましたけど、(今回のドラマは)1晩に10時間かけている......。計算が合わない」

と指摘し、集まった報道陣の笑いを誘った。また、同じセットの中で麻雀卓を囲むシーンが延々と続く、という一風変わった現場の雰囲気について本郷さんは「天気の影響も一切なく、ずっと部屋の中で卓を囲んでいるだけですし、移動も一切ないので......」と理由を挙げ、撮影は非常に順調だと語った。

   会見には原作を手掛ける福本さんとドラマの主題歌「DON`T BE AFRAID」を担当する湘南乃風からSHOCK EYEさんも出席。福本さんの大ファンだというSHOCK EYEさんは「人間の本心をさらけ出した言葉が、読者の心に響く」と作品の魅力を述べた。

   ドラマは7月17日21時から。第1話は無料で視聴できる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中