2020年 7月 12日 (日)

飲む前に読む? 飲みながら読む? 極旨ビール本

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   今どきの若者たちはビール離れがすすみ、居酒屋の飲み放題で喜ぶのは中高年のサラリーマンが中心だとか。とはいえ、暑い夏を迎える季節にグイッと一杯といえば、やっぱりビール。早いところでは、すでにビアガーデンがオープンし、連日盛況だそう。今回は、著名人のこだわりから海外ガイド本、検定本とさまざまな角度からビールをフィーチャー。この夏、格別においしい1杯に出会うために読みたいおすすめの3冊。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも特集記事を公開中。

  • アンソロジー ビール
    アンソロジー ビール
  • パブねこ 英国のパブと宿に暮らす猫を訪ねて
    パブねこ 英国のパブと宿に暮らす猫を訪ねて
  • 改訂新版 日本ビール検定公式テキスト
    改訂新版 日本ビール検定公式テキスト
  • アンソロジー ビール
  • パブねこ 英国のパブと宿に暮らす猫を訪ねて
  • 改訂新版 日本ビール検定公式テキスト

ビールの楽しみ方も百人百様 果たしてあなたは何派?

   カレーライス、お弁当、おやつに続く「食」をテーマに編んだアンソロジーシリーズ第4弾。『アンソロジー ビール』(著・東海林さだお、川上弘美、阿川佐和子、山口瞳ほか、1728円、パルコ)では、名文家たちがビールに対する深いこだわりを綴っている。

   驚くのはその執筆陣の豪華さ。「生ビールへの道」東海林さだお氏、「妻に似ている」川上弘美氏、「とりあえずビール」阿川佐和子氏、「炎天のビール」山口瞳氏、「駅前食堂のビール」川本三郎氏、「列車でビール―長旅には酒器を連れて」恩田陸氏、「九月の焼きそビール」久住昌之氏、「気がつけば枝豆」角田光代氏など、そうそうたる面々のビールへの熱い思い41編を収録。

   うんちくから注ぎ方や泡へのこだわり、思い出話まで、読んでいると思わず喉が鳴るおもしろさだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!