真っ昼間から職場で酒盛り!? 夢をかなえてくれた「○○○」と「×××」

印刷

   帰宅後の晩酌が楽しみでしょうがない、カス丸担当のK記者。「仕事中にも晩酌気分が味わえたら」と思っていたところ、7月6日(2015年)に「ビール代わり」になりそうな新ドリンクと、「つまみ代わり」になりそうな菓子が発売された。

   この2つで「晩酌気分」を味わえば、仕事の能率も上がるんじゃね? ――そんな淡い期待から、熱中症対策にもなるという「麦のソーダ」(伊藤園)と、鮭フレークを練り込んだ「ぷっちょスティック KIRIMIちゃん.塩じゃけ味」(UHA味覚糖)を買ってきた。

セブン‐イレブンで税込231円
セブン‐イレブンで税込231円

   「まずは見た目から」と、お通しが出てきそうな小皿に「ぷっちょ」を並べた。焼鮭の皮っぽい灰色に、文字通りのサーモンピンクが映える。こんなカマボコやテリーヌもありそうだ。それっぽいグラスを用意して、泡立つように「麦のソーダ」を注ぐ。泡はすぐに消えてしまうのだが、見た目はビールに似ている。(文末の動画を参照あれ)

  • 思ったより、それっぽい
    思ったより、それっぽい

あわせてみたら、こうなった!

   意外とそれっぽくなった。小皿に載せたつまようじが、さらに「家飲み」っぽい雰囲気を醸し出す。しかし肝心のお味は、麦のソーダが「あまい炭酸の麦茶」、ぷっちょが「しょっぱい柑橘系キャンディ」。およそ仕事がはかどりそうもない。

はりついちゃって困るの
はりついちゃって困るの

   ちなみにこの「ぷっちょ」、なかなか小皿からハガレない。パッケージには、ご丁寧に「歯科治療材がとれる場合があるのでご注意ください」と書かれている。

アリっちゃ、アリかも。
アリっちゃ、アリかも。

   キワモノ感のある2商品。ツイッターでは「微妙」という感想も出ているが、ふたつを合わせると、思ったより美味しく感じる。とくに「ぷっちょ」の鮭フレークが持つ、ほのかな生臭さを、「麦のソーダ」の炭酸が散らしてくれるのがうれしい。これからの暑いシーズン、たまにはこういうグルメを楽しむのもアリかもしれない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中