2019年 12月 9日 (月)

日本人と異なるイタリア人の"リア充" ローマ在住15年、田島麻美さん新著

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

■「イタリア人はピッツァ一切れでも盛り上がれる ローマ発 人生を100%楽しむ生き方」(田島麻美著、双葉社刊、1400円=税抜)

   イタリアといえば、パスタなどの料理、バッグや靴などの高級ブランド、世界で人気のプロリーグ・セリエAがあるサッカーと、文化的な発信力は強く、欧州のなかでも親しみが深い国の一つといえる。そのイタリアに住んで15年目を迎えた日本人のライター・エッセイスト、田島麻美さんの新著で2015年7月24日に発売される「イタリア人はピッツァ一切れでも盛り上がれる」は、わたしたちが知っているようで実は知らない彼の地の"リアル"が描いた一冊。「食」や「匠」を支えているスピリッツや、発信力の強さの秘密も分かりそうだ。

  • 「イタリア人はピッツァ一切れでも盛り上がれる ローマ発 人生を100%楽しむ生き方」
    「イタリア人はピッツァ一切れでも盛り上がれる ローマ発 人生を100%楽しむ生き方」
  • ローマ市内、マルス広場のパンテオン神殿で取材する田島さん(手前、左)
    ローマ市内、マルス広場のパンテオン神殿で取材する田島さん(手前、左)
  • ローマの老舗カフェテリア、チャンピーニの近くで。田島さんはイタリアの旅や食、暮らしなどについて取材活動を続けている
    ローマの老舗カフェテリア、チャンピーニの近くで。田島さんはイタリアの旅や食、暮らしなどについて取材活動を続けている

ユーロ危機の渦中で見つけた「日本人が学べること」

   田島さんは00年9月に「ボーッとしたくて半年間だけの予定で」イタリアに渡った。ボーッとしたかった思いはいつの間にか意欲に変わり、国立ローマ・トレ大学に進んで11年3月に宗教文化比較をテーマに修士論文を書き上げ「ディプロマ」(卒業証書)を得た。

   「イタリア人はピッツァ一切れでも盛り上がれる」は、田島さんの7冊目の著作。ユーロ圏のなかで10~11年にギリシャに端を発した債務危機に見舞われたイタリアで暮らし「危機下のイタリア庶民の暮らしから日本人が学べること」に焦点を当てて書いたという。

   田島さんは、J-CASTトレンドの電子メールによる取材に答え、執筆の動機をさらに詳しくこう述べた。

「多くのイタリア人は、秩序ある日本の社会は『理想的社会のモデル』と認識している。経済的に安定していて探せば仕事が見つかり、二十代の若者でもちゃんとアパートを借りて暮らして行けるだけのお給料がもらえる。それだけでも今のイタリア人にとっては『まるで天国のよう』に見える。ところがイタリアでは『就職口がなかなか見つからず、やっと見つけた仕事先で奴隷のように働いても給料は増えない』という現実に向き合っている。そんなこの国の日常が、イタリアを訪れる日本人にはなぜか『楽しそう』に映るということに大きな関心を抱いた」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!