「日本一暑い街」から日本一?ホットなキムチ レベル1から6までを食べ比べ

印刷

   キムチや浅漬けの製造販売を行う「すみと屋」(群馬県館林市)は、「日本一暑い街から日本一辛いキムチ」をコンセプトに「こだわりの白菜キムチ 6段階の辛さ」を2015年7月28日に発売した。

  • 6段階の辛さの激辛キムチ
    6段階の辛さの激辛キムチ

6段階の辛さ

   群馬県館林市は、真夏の最高気温が40度を超えることもあり、毎年、埼玉県熊谷市などと「日本一暑い街」の"座"を争っている。

   そのアツ~イ街に、"ホット"な「キムチ」として「すみと屋」では、通常市販されている辛さのキムチを「レベル1」とし、そこから唐辛子の量に応じてレベル6までの6段階の辛さの製品を仕上げている。

   最も辛いレベル6のキムチには3種類の唐辛子をブレンド。

   パッケージには、同市のご当地キャラクター「ぽんちゃん」があしらわれている。

   120グラム×6パックで価格は1980円(税込)。

   オンラインショップで購入が可能(2015年12月31日まで)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中