サーキットでも公道でも...FCAジャパン、アバルト最速「ABARTH 695 Biposto」発売

印刷

   FCAジャパン(東京都港区)は、「Abarth(アバルト)」の新モデル「ABARTH 695 Biposto(アバルト 695 ビポスト)」を2015年9月1日に発売する。

   1964年の「ABARTH 695」誕生から50周年を記念して新モデルをラインアップ。ブランド創始者であるカルロ・アバルト氏の言葉"Sunday on the track,Monday at the office(日曜日はサーキットへ、月曜日はオフィスへ)"を具現化したという。究極な走りと日常生活にもマッチする史上最速モデルになっている。

   スポーツ走行やサーキットユース用に開発されたトランスミッションである「ドグリングトランスミッション」を公道仕様車としては初めて採用。また、大型の「フロントレーシングインタークーラー」を採用し、エンジンパフォーマンスを向上させた。同時に、F1・Moto GPといったトップレース車両にも採用されているBMC製「カーボンエアクリーナーボックス」を搭載。

   さらに、Akrapovic製「デュアルステージエキゾーストシステム」を採用することによって、低回転域から高回転域までより優れたパフォーマンスを発揮する。

   OZ Racing製の軽量18インチアロイホイール、アルミエンジンフード、チタンホイールボルトなどの軽量素材を積極的に使用し、徹底的に車両の軽量化を実施した。

   全国のアバルト正規ディーラーで取り扱う。

   価格は標準仕様594万4000円(税込)、フルスペック仕様845万6400円(同)。

  • アバルト誕生50周年記念モデル
    アバルト誕生50周年記念モデル
  • アバルト誕生50周年記念モデル
    アバルト誕生50周年記念モデル
  • アバルト誕生50周年記念モデル
    アバルト誕生50周年記念モデル
  • OZ Racing製の軽量18インチアロイホイール
    OZ Racing製の軽量18インチアロイホイール
  • エンジンパフォーマンスを向上
    エンジンパフォーマンスを向上
  • 軽量素材を積極的に使用し、徹底的に車両の軽量化を実施
    軽量素材を積極的に使用し、徹底的に車両の軽量化を実施
  • 日曜日はサーキットへ、月曜日はオフィスへ
    日曜日はサーキットへ、月曜日はオフィスへ
  • 日曜日はサーキットへ、月曜日はオフィスへ
    日曜日はサーキットへ、月曜日はオフィスへ
  • Akrapovic製「デュアルステージエキゾーストシステム」を採用
    Akrapovic製「デュアルステージエキゾーストシステム」を採用
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中