"最大容量"と「新鮮スリープ野菜室」日立の新型冷蔵庫 北大開発のプラチナ触媒を採用

印刷

   日立アプライアンスは、冷蔵庫「R-X7300F」を2015年8月13日に発売する。価格はオープン。

  • 暮らしが変わる、ゆとりの大容量
    暮らしが変わる、ゆとりの大容量

「マルチバルブ制御」による省エネ性能も

   同社によれば業界最大の定格内容積730リットル。丸ごと新鮮さを保つ「新鮮スリープ野菜室」を搭載。密閉度を上げ、高湿度環境をつくり出す「うるおいカバー」を採用し、下段ケース奥側に限られていた高鮮度スペースが野菜室全体に広がり、上段・下段・たて収納スペースのいずれに保存しても栄養素やみずみずしさを保持できる。野菜をたくさん収納して重くなっても軽く開けられる「電動引き出し」を搭載。奥まで完全に引き出せるフルオープン構造を採用した。

   「プラチナ触媒」を開発した北海道大学との共同研究により、家庭用冷蔵庫の触媒として初採用。野菜から出るエチレンガスやニオイ成分を分解して新鮮に保存できる炭酸ガスを多く生成することが可能だ。

   独自の「真空チルドルーム」の性能を向上。小型真空ポンプでルーム内の空気を吸引、約0.8気圧の真空状態をつくり、「プラチナ触媒」で炭酸ガス濃度を上げることで肉や魚の酸化を抑え、鮮度と栄養素を損なわず新鮮に保存できる。

   5つの冷媒口を設け、運転状況に応じて経路切り替えを1つのバルブで行う省エネ技術「マルチバルブ制御」を搭載。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中