JTB「杜の賑い」を10月4日に冨山で開催 首都圏からは北陸新幹線利用の「にっぽんの四季秋祭り」で

印刷

    JTBは、「第126回 杜の賑い 富山2015」をオーバード・ホール(富山市芸術文化ホール)で10月4日に開催する。

  • 1982年開始のJTBオリジナルイベント
    1982年開始のJTBオリジナルイベント

富山の祭りや伝統芸能を一度に鑑賞

   「杜の賑い」は、JTBが企画するオリジナルイベントで、1982年に第1回を開催して以来全国各地で開催している。旅先で地域の郷土の祭りや伝統芸能が一度に楽しめるという。伝統文化・芸能の保護や人財育成など地域活性化の役割もある。

   冨山での催しは、「越中富山・時の煌めき」をテーマとして、越中富山の歴史の中に伝承・創作された伝統芸や民謡、さらには異文化伝承芸能等々をエンターテインメント化。越中八尾 おわらや五箇山民謡 こきりこ、高山陣屋太鼓などが出演する。2回公演で1回目は午前11時から午後12時30分、2回目は午後3時から午後4時30分。入場料は3000円。

    JTBグループでは同イベントに関するものとして、首都圏発「にっぽんの四季秋祭り」や中部発・関西発「第126回 杜の賑い富山」などをラインアップしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中