「復刻アサヒグラフ昭和二十年」 「永久保存版」を出版――あの時代を忘れないために

印刷

   戦後70年ということで、今年の夏は「戦争」にちなんだ出版物が目につく。そんな中でも編集アイデア賞というか、秀逸の一冊と言えそうなのが、「復刻アサヒグラフ昭和二十年 日本の一番長い年」だ。「永久保存版」と銘打っている。

   東京大空襲、沖縄戦、原爆投下、玉音放送、マッカーサー進駐、復興に向けての生活再建...。この年に発行されたアサヒグラフの中から、とくに重要と思われる10冊を選んで復刻し、一冊の合本に仕立てたものだ。あの一年に何があり、どう報じられたか。日本はどうなっていたのか。人々はどんな表情で何をしていたのか。グラフ誌なので、ページをめくりながら視覚的に追体験することができる。

  • 復刻アサヒグラフ昭和二十年 日本の一番長い年
    復刻アサヒグラフ昭和二十年 日本の一番長い年

「皇国興亡を賭する重大戦局の中に新しき年」

   復刻版だから、当然ながらすべてが発行当時のままだ。横組みの見出しは右から左に流れ、文章は旧仮名遣い。「黒塗り」ページもそのままだ。

   年頭の1月3日号は、「皇国興亡を賭する重大戦局の中に新しき年を迎ふ」との書き出しで総力戦に向けての決意を込める。トップ記事は「聖王陛下 畏れ多き御精勤」。天皇の「精勤ぶり」を伝え、見開きで近影写真などを大きく扱っている。仏印、南太平洋など「大東亜」各地からの現地報告も。ほぼ全ページが戦争関連記事だ。3月7日号の特集は「皇軍・硫黄島に激闘」。米軍との激しい攻防戦が続く現地から報道班員が送ってきた写真8点を掲載。「我らもまた硫黄島の勇士達に続かん」と、まだまだ意気盛んだ。

   しかし、戦局は好転しない。3月21日号は「東京大空襲」の衝撃を伝える。「敵の無差別攻撃」への怒りをあらわにするものの、「損害が大きかった」とも記している。

   4月25日号は「沖縄戦」、6月25日号は「特攻隊」を特集。7月15日号では「本土決戦」に備える人々の様子を幅広く紹介している。

   しかし、一連の戦意高揚記事もむなしく、敗戦。その10日後の8月25日号は「戦争終結の大詔」と「原子爆弾」の特集だ。「一物もなく焼き払われた広島市の惨状」「凄惨たる長崎市」などの現地被災写真を掲載している。かなり早い段階の原爆写真だ。

   9月5日号は「連合軍内地へ進駐」を特集。6ページにわたって延々と進駐軍の外国人たちの写真が続く。トップにひときわ大きく掲載されているのはマッカーサーだ。特集の主役交代が、最高権力者の交代でもあることを見せつけている。

   興味深いのは雑誌に付きものの広告だ。たとえば三和銀行の広告。本土決戦の気配が強まる7月15日号では、「みたみわれ 大君に すべてを捧げまつらん」と悲壮な決意を伝える。戦争終結直後8月25日号や9月5日号でも「皇国再起 一切の無駄を廃し 一路貯蓄へ」と、なお「皇国再起」に力を込める。10月15日号になってようやく、「戦う広告」の臭いが消え、「元気を出そう 働こう」になる。一連の広告文からは、当時の民間企業や国民の心理を推しはかることもできそうだ。

矛盾に満ちた一年を苦い教訓と共に伝える

   アサヒグラフは1923年の創刊。戦中から戦後まで休刊なく続いた唯一のグラフ誌だという。写真と本文を見ながら通史的に20世紀の日本を振り返ることができる唯一のメディアというわけだ。

   今回の復刻版では、戦前・戦中のグラフ雑誌に詳しい編集者の桑原涼さんが節目ごとの解説を書いている。「終戦の年の『アサヒグラフ』をめくると、戦争に呑みこまれながら『報道』しようと苦悩していた編集者たちのヒリヒリ感、終戦の安堵、敗北に終わったことへの落胆の気持ちが伝わってくる」と振り返っている。

   ノンフィクション作家の保阪正康さんも特別寄稿している。当時の朝日新聞本体とアサヒグラフとの微妙な立ち位置の違い、アサヒグラフの特攻隊特集の写真に込められた編集者の思いなどに触れながら、「このアサヒグラフは貴重な歴史的資料としての重みをもつはず」と、今回の復刻版を評価している。

   戦前の日本では、出版法や新聞紙法、治安維持法、国家総動員法などによって多方面にわたる言論統制が行われていた。検閲は常態化し、発禁処分もあった。異論を許さぬ戦時体制がじわじわと強化され、「御用メディア」のみが生き残れるという状況だった。黒塗りのページが目につくとはいえ、アサヒグラフもそうした「国策協力媒体」だった。そして昭和20年を迎えた。

   今から振り返ると、同じ1年の中で「戦前」と「戦後」が同居することになった昭和20年――「前」と「後」の間には深い亀裂が走り、大きな断絶があるが、なお連続しているものもある。そんな矛盾に満ちた「昭和20年」を一冊にまとめた「永久保存版」は、苦い教訓と共に、私たちにいろいろ考える材料を伝えてくれる。少なくともマスコミ関係者は、手に取ってみた方がよさそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中