2018年 8月 19日 (日)

織田信成、シュールなちょんまげ第2弾 笑顔と歌で見ている人を陽気にさせるJOYSOUND新CM

印刷

   通信カラオケ「JOYSOUND(ジョイサウンド)」を運営するエクシング(名古屋市)は、プロフィギュアスケーターの織田信成さんを起用した、最新機種「JOYSOUND MAX(ジョイサウンド・マックス)」のテレビCM第2弾「海辺にて」編のオンエアを2015年8月12日から全国で始めた。第1弾「土手にて」編に続いて、織田さんは殿様風のちょんまげにスーツというシュールな姿に扮している。

  • 「JOYSOUND MAX」の新CM「海辺にて」編
    「JOYSOUND MAX」の新CM「海辺にて」編
  • ポニーに乗った織田さんは、満面の笑みで少女に「乗ってかない?」と声を掛ける
    ポニーに乗った織田さんは、満面の笑みで少女に「乗ってかない?」と声を掛ける
  • 暗い表情だった少女に笑顔が戻る
    暗い表情だった少女に笑顔が戻る

CMオリジナル曲「大声だそんぐ」はカラオケ、着うたでも配信

   新CMの舞台は荒波が打ち寄せる海辺。白いポニーにまたがり、スーツにマイク型ちょんまげをつけた姿で高笑いしながら悠然と進む織田さんは、黒髪の美少女が座り込んでいるのに気づく。悲しげな表情を浮かべる少女に、織田さんは満面の笑みで「乗ってかない?!」と、ナンパのように声を掛ける。その陽気さに少女は頬をほころばせ、織田さんとともにポニーに乗る。そして笑顔で歌いだす。

   最後に入る「大声だそうぜ!」という織田さんのナレーションとも相まって、見ている人が気分が落ち込んでいる時でも「大声を出しにカラオケに行きたい」と思わせるような演出。バックに流れるオリジナル曲「大声だそんぐ」は、口ずさみたくなるメロディが印象的でCMを盛り上げている。

   織田さんは、「休日にはよく家族でカラオケに行き、好きな曲を思い切り歌う」という。そんな私生活と、はつらつとした笑顔、それにCMでの奇抜なちょんまげ姿は、「歌いたい歌を、元気いっぱいに歌いたいように歌おう。誰かの目線なんて気にせずに」という「JOYSOUND MAX」のコンセプトを表現しているという。

   なお、「大声だそんぐ」はカラオケ、着うたでも配信している。また、CMメイキング映像がJOYSOUND MAX特設サイトで公開されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中