「まどマギ」蒼樹うめさん初の個展、上野の森美術館で開催

印刷

   テレビアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のキャラクター原案を担当した漫画家・イラストレーターの蒼樹うめさんの作品などを集めた初めての個展「蒼樹うめ展」が2015年10月3日から10月12日まで東京・上野公園の上野の森美術館で開催される。

   蒼樹さんは04年に、4コマ漫画専門誌「まんがライムきららキャラット」(芳文社)にで、代表作「ひだまりスケッチ」の連載を開始。一方で、中学時代からの同人活動を継続しており、同人サークル「apricot+」を主宰している。

   「蒼樹うめ展」では、仕事部屋を再現したコーナー、デビュー前のひだまりのスケッチ」の原稿と資料、「魔法少女まどか☆マギカ」のデザイン画や設定資料などが公開され、蒼樹さんが描く世界を楽しめる。

   開館時間は、10時から17時。入場料は、一般・大学生1000円(前売り900円)、中・高校生600円(前売り500円)。

  • お気軽にお立ち寄りください
    お気軽にお立ち寄りください
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中