「東京ゲームショウ2015」過去最大規模に 幕張メッセ全館使用

印刷

   「東京ゲームショウ2015」が2015年9月17日から4日間、千葉県の幕張メッセで開催される。

   東京ゲームショウは、コンピューターゲームを始めとするコンピューターエンタテイメントの日本最大規模の総合展示会。出展する各社の新作発表や展示が公開され、日本のゲーム業界およびゲームファンにとっての年に一度の祭典となっている。今年の出展予定者242社(7月1日現在)と過去最大規模となり、幕張メッセの全館を使用する。

   17、18日の両日はビジネスデイ。17日には大ヒットとなったゲームソフト「妖怪ウォッチ」開発・販売元、レベルファイブの日野晃博社長による基調講演があり、18日はゲーム産業の専門家によるディスカッションが行われる予定。

   19日から2日間は一般公開され、19日には「ライブ ミルキィホームズ秋の大運動会」、20日は「KUROBAS CUP 2015」などのライブイベントが行われる。

   開催時間は10時から17時。ビジネスデイの入場は事前登録者のみ。一般公開日の入場料は一般1200円(前売り1000円)、子ども(小学生以下)は無料。

  • もっと自由に、GAMEと遊ぼう
    もっと自由に、GAMEと遊ぼう
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中