2018年 9月 21日 (金)

「追悼山崎豊子展」を9月から東京・日本橋、横浜、京都、大阪の高島屋で

印刷

   小説「不毛地帯」、「白い巨塔」などで知られ、2013年9月に亡くなった作家の山崎豊子さんの紹介する初の展覧会「追悼山崎豊子展」が2015年9月25日からの東京・日本橋髙島屋8階ホールを皮切りに、横浜、京都、大阪の全国の髙島屋4会場で、開催される。

   作家としての原点から遺作となった作品まで、それぞれの物語に秘められたテーマを、取材の内容や創作秘話をはじめ、残された膨大な資料や映像をもとに検証し、その魅力の数々を展覧できる。さらに、先ごろ見つかった「戦時下の青春を綴った貴重な日記」も公開されるが、同日記をはじめ展示品のほとんどが初公開となる貴重な展覧会。

   入場時間は、10時から19時30分。入場料金は、一般800円、大学生・高校生600円、中学生以下無料。

   日本橋高島屋での展示は10月5日まで。このあと、横浜高島屋で10月14~11月1日に、京都高島屋で2016年1月6日~18日、大阪高島屋で1月20日~2月1日に開かれる。

  • 昭和の時代と対峙し続けた山崎豊子の軌跡
    昭和の時代と対峙し続けた山崎豊子の軌跡
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中