世界同時株安は「堀北ショック」!? なお欧米では「ワン・ダイレクションショック」らしい

印刷

   東京株式市場の日経平均株価が8月24日(2015年)、1万9000円を割り込んだ。

   明けて25日にも続落し、ついに1万8000円台へ突入したが、この暴落の呼び名が今注目されている。

   堀北真希さんの結婚(22日)を受けたかのように、週明けの市場が荒れたことから、国内のツイッター中心に「堀北ショック」と呼ばれているのだ。

   一方、同じく24日(日本時間)には、イギリス出身の人気グループ「ワン・ダイレクション(1D)」が1年間活動休止すると報じられた。日本では「堀北ショック」だが、欧米では「1Dショック」と位置付ける人も多いようだ。イギリスの公共放送「BBC」が運営する公式ツイッターも伝えている。

   いずれにせよ、堀北さんや、ワン・ダイレクションは、あくまでタイミングが合ってしまっただけだ。発端となった中国経済由来の「チャイナショック」や、月曜日からの暴落をうけた「21世紀版ブラックマンデー」など、後世が正式名称を付けてくれることに期待しよう。

  • 世界の市場が続落している
    世界の市場が続落している
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中