2018年 7月 23日 (月)

山梨の幻のホップ「かいこがね」を生で使ったクラフトビール「YOKOHAMA XPA」

印刷

   クラフトビールメーカーのサンクトガーレン(神奈川県厚木市)は、生のホップ「かいこがね(甲斐黄金)」を使った「摘みたて生ホップ使用 YOKOHAMA XPA(ヨコハマ エックスピーエー)」を2015年9月2日から限定販売する。

   「YOKOHAMA XPA」は、同社のレギュラービール内で最も多くのホップを使っており、華やかな香りと、爽快な苦味が特長。

   今回ホップに使ったのは、山梨県北杜市の八ヶ岳山麓で栽培されているホップの中でも、一軒の農家でしか作られておらず、幻のホップと呼ばれる「かいこがね(甲斐黄金)」。青々とした爽やかさや、金柑のような甘さ、クローブのようなスパイシーさが混ざり合った香りが楽しめる。通常はホップを乾燥処理して醸造するが、今夏収穫されたものを乾燥させずに生のまま使うことで、フレッシュでみずみずしい風味に仕上がった。

   希望小売価格は429円。

  • 華やかな香りが楽しめる
    華やかな香りが楽しめる
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中