バスクリン「きき湯 アロマリズム」から3種類の香りをボトルタイプで新発売

印刷

   バスクリン(東京都千代田区)は、「きき湯 アロマリズム」から「コンフォーティングオレンジの香り」「ドリーミングローズの香り」「リフレッシングジュニパーの香り」のボトルタイプを2015年9月1日に発売する。

   「きき湯 アロマリズム」は、その日の気分に合わせて好みの香りをセレクトできる、天然精油配合の入浴剤シリーズ。11年の発売以来、アロマで気分を癒したいという人に好評だという。

   分包タイプのみで販売していた3種類の香りをボトルタイプで新発売。香りにこだわり、専門の調香師が天然精油とNI成分(自然界に存在する成分)をブレンドしたオリジナルアロマを使用している。入れたとたんに浴室中に香りが広がる発泡ツブタイプ。温泉ミネラル(硫酸ナトリウム)と炭酸ガスが温浴効果を高め血行を促進。疲れや肩こりを癒してくれる。赤ちゃん(生後3か月以上)と一緒に入浴する時にも使用可能。

   「コンフォーティングオレンジの香り」はおやすみ前のくつろぎに、「ドリーミングローズの香り」はうっとりと華やぎたい日に、「リフレッシングジュニパーの香り」は帰宅後さっぱりしたい人におすすめ。

  • アロマでリラックスしたい人におすすめ!
    アロマでリラックスしたい人におすすめ!
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中