"強い粘り"と"濃い旨み" みんなが求めた「ねばうま」ついに... 特許取得の菌で強力発酵

印刷

   「おかめ納豆」で知られるタカノフーズ(茨城県小美玉市)は、「もっと粘りを、もっと旨みを...」という全国の納豆ファンの要望に応え ついに"強い粘り"と"濃い旨み"にこだわった製品を送りだした。2015年8月31日に発売した「ねばうま納豆」がそれ。特許を取得した納豆菌を使った"比類なき"一品という。

  • タカノフーズの「ねばうま納豆」 納豆の妖精「ねば~る君」が応援キャラクターに
    タカノフーズの「ねばうま納豆」 納豆の妖精「ねば~る君」が応援キャラクターに
  • 「強い粘り」と「濃い旨み」が特徴
    「強い粘り」と「濃い旨み」が特徴
  • 従来品に比べ、粘りが強い
    従来品に比べ、粘りが強い
  • アミノ酸系と核酸系、ダブルの旨み成分が、濃い旨みを生み出す
    アミノ酸系と核酸系、ダブルの旨み成分が、濃い旨みを生み出す
  • ねば~る君はおかめちゃんとPR活動に勤しむ
    ねば~る君はおかめちゃんとPR活動に勤しむ

20~70代男女の65%が「粘りの強い納豆を食べてみたい」

   「ねばうま納豆」では、従来の製品に使用している納豆菌よりも発酵力が強く、濃い旨みが特徴で、同社が特許を取得している「TTCC865株」を使用。80年余りの伝統を持つおかめ納豆の発酵技術により、糸が多く、粘りの強い納豆に仕上げた。粘りの多い納豆は、旨み成分も多く、「かき混ぜ」により高まる。「ねばうま納豆」のパッケージには、かき混ぜ方の「ねばりの極意」を紹介している。

   タカノフーズでは新製品開発などのため消費者にアンケートを実施。それによると、20~70代の男女約600人のうち、65%が「粘りの強い納豆を食べてみたい」と答えた。特に、60代以上や、週3回以上納豆を食べる層からの「粘り強い納豆」に対する評価が高い傾向にあった。

   TTCC865株は、他の納豆菌ではほとんど作り出さない、カツオ系の旨みである「核酸系旨み成分」を生み出す。この「核酸系旨み成分」が、通常の納豆菌にも含まれる昆布系の「アミノ酸系旨み成分」と合わさり、ダブルの成分で他の納豆にはない濃い旨みを実現したという。

   タレは北海道産日高昆布、鹿児島・枕崎産鰹節を使用。さらに、同社の従来品より辛みが強く、味を引き締める和からしを添えた。

   「ねばうま納豆」の応援キャラクターには「茨城県非公認」で知られる「ねば~る君」が就任。「ねば~る君」は、納豆の妖精で、今後、おかめ納豆の「おかめちゃん」とともにPR活動を行っていく。

   「ねばうま納豆」は、40グラム入り×3パックで158円。九州・沖縄を除く全国で発売。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中