2018年 7月 19日 (木)

ハウステンボスで「秋の花と光と音楽の王国」開幕 昼間でも楽しめるイルミネーションが登場

印刷

   ハウステンボスで新アトラクション「I.S.ラビリンス~光と音の迷宮~」が2015年9月1日にオープンした。時間は午前9時から午後22時まで、パスポート対象。2315年の宇宙を舞台とした迷路で、合わせ鏡に無限に映り込むイルミネーションや星が渦巻くトンネルが幻想的だという。イルミネーションと音楽が融合しており、昼間でも楽しめる光のスポットとなっている。また、日没から開始されるアトラクションタウンのライトアップも新しくなり、時間とともに街並みがカラフルに変化する。

   その他、9月1日から11月3日には200品種のワインがそろう「ワイン祭」を開催。1本5万円以上の高級ワインやハイジ気分が味わえるラクレットチーズの屋台も登場する。9月19日から10月20日の「ダリア展」には西日本最大級の450品種が集合。まだ名前もついていない最新の約50品種も鑑賞できる。

  • 光が織り成す迷路を攻略できるか?
    光が織り成す迷路を攻略できるか?
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中