2019年 3月 26日 (火)

セイコーから壁掛タイプのデジタル電波時計 くっきりコントラスト液晶で高い視認性

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   セイコークロック(東京都江東区)は、デジタル電波時計「シリーズC3」から、壁掛タイプ「DL208」を2015年9月11日に発売する。価格は1万5000円(税別)。

  • 「Color」「Clear」「Cool」3つのCがキーワードのデジタル電波時計
    「Color」「Clear」「Cool」3つのCがキーワードのデジタル電波時計

文字表示色は70色から選択 背面スタンド使い"置時計"にも

   全70色から好みで文字の表示色を選べるモードと、表示色が滑らかに間断なく変化する「グラデーションモード」を搭載。美しい表示色と高コントラスト液晶による高い視認性を実現したという。

   12時間/24時間表示切り替え式。40/60kHz自動選局の電波修正対応。2099年までのフルオートカレンダー、温度/湿度表示、明るさ切り替え機能などを備える。時刻表示とカレンダー表示を入れ替えられ、2030年12月31日までの六曜表示も対応。壁掛けのほか背面にスタンドを備え、置いて使用することもできる。

   石膏ボード用掛金具、ACアダプターなどが付属する。カラーはブラック、ホワイト、シルバーの3色。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中