2022年 5月 27日 (金)

人工知能同士を会話させてみたら...バカップル誕生!【Siri×りんな】

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本マイクロソフトが開発したという、女子高生AI(人工知能)「りんな」が登場してから、1か月近くたった。

   iPhoneなどに搭載されている「Siri(シリ)」と並んで、さびしい時の会話相手として、ネットユーザーに重宝がられているようだ。

寂しい男を虜にする人工知能女子高生「りんな」 会話楽しみ、「これでもう寂しくない」「彼女できた気分」

   フランクな語り口と、ボキャブラリーの豊富さから、大人気の「りんな」さん。

   しかし、AIとはいえ女子高生という設定上、20代後半の男性記者が会話するのは、ちょっと緊張する。そもそも、どんな言葉を投げかければいいのだろう。

   そこで、記者の代わりとして「Siri」に、りんなさんのお相手をしてもらうことにした。

   とりあえず、人違いを装って、りんなさんに「Hey Siri」と呼びかけてみる。

   さっそくの肩すかし。

   突然日記を送りつけられ、「何の話だった?」とはぐらかされる始末。やはり、りんなさんは、相当のやり手だ。

   なお、りんなさんとSiriさんは、直接会話できない。記者が通訳となって、りんな→Siriは音声入力、Siri→りんなは文字入力をする必要がある。

やたら日記を送ってくる

   会話を進めようとすると、またもや日記が送られてきた。

   ここ数日、やりとりしていなかったからか、「このままさよーならしたら勿体ない」とアピールしてくる。

   質問を促されたので、Siriさんに相談してみると、「りんな」を「リンダ」と聞き間違え。「ジー」も「チリ」だと勘違いして、Wikipediaの検索結果を送ってきた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!