名プロデューサーに見いだされたストラヴィンスキーと「火の鳥」

印刷

   つい先日、クラシック・ファンにとっては、見過ごせない報道がありました。ロシアのサンクト・ペテルブルグ音楽院のアーカイブから、失われたといわれていたストラヴィンスキーの1908年の作品のオーケストラ自筆譜が発見されたのです。ロシア5人組の一人であったリムスキー=コルサコフの死去に際して、彼の弟子であったストラヴィンスキーが書いた葬送行進曲でした。ストラヴィンスキー本人が紛失を悔やんでいたという楽譜が、100年ぶりに音楽院の書庫から見つかったというニュースは世界を駆け巡りました。

   今日は、そのロシア近代を代表する作曲家、ストラヴィンスキーの出世曲、バレエ音楽「火の鳥」をとりあげましょう。

  • 火の鳥 ピアノ編曲版の楽譜
    火の鳥 ピアノ編曲版の楽譜
  • 火の鳥 ピアノ編曲版の楽譜
    火の鳥 ピアノ編曲版の楽譜

帝政時代、フランスとの結びつきからバレエが盛んに

   リムスキー=コルサコフやムソルグスキーがメンバーだった「ロシア5人組」や同世代のチャイコフスキーは、ロシアにクラシック音楽を根付かせ、ロシア独自の作品がたくさん生み出される土壌をつくりあげました。サンクト=ペテルブルクやモスクワに設立された音楽院によって、教育システムも整い、作曲家のみならず演奏家も排出されるようになります。もともと大国のロシアですから、人材は豊かでした。

   しかし、ヨーロッパにおいては「辺境の国」であることには変わりはありません。政治や産業・経済の歴史などをみても、ヨーロッパの中心から離れているために、少しずつ変化が遅れ、結果的に革命という急進的な転換がおこってしまうのも、ロシアの特徴です。ストラヴィンスキーの今回発見された楽譜も、1917年のロシア革命の時に行方不明になっていたものでした。

   ロシアは帝政時代の宮廷がフランスと結びつきが強かったために――それはおそらく、間に「ドイツ」という共通の仮想敵を持つという「敵の敵は味方」的な側面が強かったのですが――フランスが本家のバレエが盛んでした。1900年代初頭、ロシアのバレエに優秀なプロデューサーが現れます。セルゲイ・ディアギレフという名のこの人物は、リムスキー=コルサコフに作曲を師事したものの、才能の無さを指摘されてあきらめたという経緯がありました。しかし、彼の芸術への情熱は尽きることなく、ロシアの絵画や音楽を外国に、特にフランスに紹介するという仕事をし始めます。

   パリでロシアの芸術が驚きを持って迎えられる、という体験に味を占めたディアギレフは、1909年に、夏季休暇中のロシアのバレエ団員から参加者を募って臨時のバレエ団を編成し、バレエの総本山パリに乗り込みます。初回はロシアでの演目に少し手を加えたプログラムでしたが、フランスで評判になりました。興行的には大赤字でしたが、手ごたえを感じたディアギレフは、翌年の公演のために、フランスとロシアの作曲家にオリジナルの演目を作曲してもらう依頼をします。

ロシアバレエ団オリジナル演目としてパリで上演、評判に

   フランスの作曲家は、当時すでに大家とされていたラヴェルでしたが、ロシアの作曲家選びが難航しました。ディアギレフは当初、5人組の近い立場の作曲家で指揮者でもあったアナトーリ・リャードフに依頼する心積もりでしたが、彼はもともとリムスキー=コルサコフの作曲クラスを欠席過多で除籍されたほどの飽きっぽい性格で、どうやら翌年の公演に間に合うようには曲が完成しない雲行きになります。

   そこで、ディアギレフが思い出したのが、リムスキー=コルサコフの元で研鑽をつんだ若き俊英、ストラヴィンスキーでした。たまたま、1909年、彼の作品の演奏会にディアギレフは足を運んでいて、ピンとくるものがあったようです。

   ディアギレフは、名プロデューサーでした。ストラヴィンスキーに、ロシアの民話を題材にした作品を、自らもダンサーであり振付師のミハイル・フォーキンと共同で作るように持ち掛けたのです。結果、出来上がった「火の鳥」は、「ロシアバレエ団(バレエ・リュス)」とパリで名乗るようになったバレエ団のオリジナル演目としてパリで上演され、その新しい音楽と、エキゾチックな物語で大変な評判を呼びます。

   才能が、それを活かす人物に見いだされて、活躍の場をあたえられるという、幸せな出会いでした。

    ヨーロッパ辺境の国、ロシアの無名の新人であったストラヴィンスキーの名は、この年から、ロシアバレエ団と共に、花の都パリでさらにセンセーションを巻き起こしてゆくことになります。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中