パナソニック、世界初「温冷感センサー」搭載のエアコン「Xシリーズ/WXシリーズ」発売

印刷

   パナソニックは、一人ひとりの「暑い」「寒い」の感覚を見分けて気流を制御することで、快適性が向上したエアコン「Xシリーズ/WXシリーズ」を2015年10月下旬より順次発売する。

   人の居場所や活動量を見る「ひと・ものセンサー」と、日射しの量を見る「日射センサー」に加え、世界初の「温冷感センサー」を搭載。

   「温冷感センサー」は、人が発する放熱量を算出し、独自のアルゴリズムで人が「暑い」と感じているのか「寒い」と感じているのかを判断する。例えば暖房時に、「暑い」と感じている人には"ひかえめ暖房"、「寒い」と感じている人には"しっかり暖房"で、一人ひとりの快適性の向上を実現する。

   オープン価格。

  • 省エネ性はもちろん快適性が向上した上質な室内空間を実現
    省エネ性はもちろん快適性が向上した上質な室内空間を実現
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中