2018年 8月 20日 (月)

パナソニック、世界初「温冷感センサー」搭載のエアコン「Xシリーズ/WXシリーズ」発売

印刷

   パナソニックは、一人ひとりの「暑い」「寒い」の感覚を見分けて気流を制御することで、快適性が向上したエアコン「Xシリーズ/WXシリーズ」を2015年10月下旬より順次発売する。

   人の居場所や活動量を見る「ひと・ものセンサー」と、日射しの量を見る「日射センサー」に加え、世界初の「温冷感センサー」を搭載。

   「温冷感センサー」は、人が発する放熱量を算出し、独自のアルゴリズムで人が「暑い」と感じているのか「寒い」と感じているのかを判断する。例えば暖房時に、「暑い」と感じている人には"ひかえめ暖房"、「寒い」と感じている人には"しっかり暖房"で、一人ひとりの快適性の向上を実現する。

   オープン価格。

  • 省エネ性はもちろん快適性が向上した上質な室内空間を実現
    省エネ性はもちろん快適性が向上した上質な室内空間を実現
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中