三越伊勢丹限定のクラフトビール「Hop Relax」 苦さは通常の2倍以上?

印刷

   クラフトビールメーカーのサンクトガーレン(神奈川県厚木市)は、「Hop Relax(ホップリラックス)」を2015年9月16日に三越伊勢丹限定で発売した。

   「IPA(アイピーエー)」と呼ばれるイギリスを発祥とするスタイルのビール。苦みと香りづけの鍵となるホップを多く使っているのが特長で、今回は「アマリロ」と「ガーゴイル」の2種類を使った。甘いシトラスのような香りと、通常の2倍以上という苦みが楽しめるとのこと。

   東京・伊勢丹新宿店では9月初めのクラフトビールフェアで先行発売され好評だったという。

   価格は税込540円。

  • 2種類のホップを使った
    2種類のホップを使った
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中