「マシュマロヨーグルト漬け」作ってみた! こりゃ、話題沸騰なのも無理ないな

印刷
「マシュマロのヨーグルト漬けが、シュワシュワでウマいらしい」

   そんな話がツイッターなどで話題だ。実はこれ、某有名ヨーグルトの公式サイトにも載っている、メジャーなアレンジレシピらしい。

   口コミによると、「ヨーグルトムース」のような味になるという。ものは試しにと、実際に作ってみた。

  • ヨーグルト三銃士を連れてきたよ!
    ヨーグルト三銃士を連れてきたよ!

プレーン、カスピ、豆乳を用意

   今回は「プレーン」と「カスピ海」、そして「豆乳」からつくったヨーグルト3種を用意した。カス丸の飼い主、Kプロデューサーが「経費がおりなくても、僕がお金払うよ!」と言ってくれたので、大量のマシュマロを買ってくる。

   まずはそのまま一口。うーん、他人のお金で食べるマシュマロは、スペシャルに美味しい。

trend_20150924175901.jpg

   普通に食べても十分ファンタスティックなマシュマロが、ヨーグルトとコラボするとどうなるのか。今からワクワクだ。

   下準備にとりかかる。水分を吸いやすくするため、つまようじでマシュマロの表面に穴をあけてみた。梅酒を漬ける際に、梅の実をプスプスやるのと同じ要領だ。

trend_20150924175807.jpg

   あとはこれをヨーグルトに漬けるだけ。まんべんなくヨーグルトに触れるよう、小さめの保存容器に入れ、ルンルン気分で一晩待てばオーケー!

trend_20150924180128.jpg

ヨーグルトそれぞれの個性がバッチリ反映

   翌日の終業後、いよいよ実食だ。約18時間寝かせたものがこちら。

   思ったよりしっかり膨らんでる!!!! ようじで刺そうとしても、ホロホロ崩れてしまうほど柔らかい。ビジュアルは完璧である。

trend_20150924180201.jpg

   まずはプレーンをパクリ。

「口に入れた瞬間、シュワッと溶けた......だと!?」

   なんだこれ、メチャクチャ美味しいじゃないか!

   口コミどおり、まさにムースのような食感である。マシュマロの甘味とヨーグルトの酸味のバランスも完璧だ!

   続いてカスピ海を試食。これまた美味しい。プレーンよりもさらに水分を多く含み、より柔らかく繊細な食感になっている。

   このままペーストとして、パンに塗ってもおいしそう。プレーンに比べヨーグルト自体の酸味が強いので、よりエッジの効いた味を求める人にオススメだ。

   最後に豆乳。実は、今回で初めて「豆乳ヨーグルト」なるものがあることを知り、一番楽しみにしていた。

   期待は見事に的中、牛乳ベースの2つとは違い、後味に豆乳独特のコクがあってウマい!

   3つの中で粘度が一番高いからか、マシュマロの弾力が若干残っており、食感も一味違う出来ばえになった。

trend_20150924180324.jpg

   3種を食べ比べてわかったことは、

●一晩でもしっかり美味しい出来栄えになる
●ヨーグルトの種類を変えれば味の個性がしっかりと出る

   まったく口コミ通りじゃないか! 実験前、正直ヨーグルトの力を舐めていた己を恥じた。

   いやあ美味しかった。満足した。簡単に作れちゃうので、皆さんもぜひ試してみてほしい――「ちょっと待った!!!!!!」。ひと安心した記者のもとに、悪魔のささやきが届いた。(後編「リキュール、調味料...『マシュマロの○○漬け』に挑戦 ヨーグルト以上の名カップル誕生か?」へ続く)

※以上の調理レポは、カス丸の体験談を新人記者Sが代弁したものです。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中