2019年 5月 26日 (日)

吐き気や肝機能不全のおそれも!? 注意したい「納豆の食べ過ぎ」

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   独特な臭いとネバネバで、好きな人からは絶大な支持を誇る食品「納豆」。女優の上戸彩さんも納豆好きで知られ、1日9パック食べたことがあるとテレビ番組で明かしていたことがある。

   健康に良いイメージが強く、たくさん食べても問題なさそうに思えてしまうが、実は食べ過ぎると結構危険らしいのだ。

  • 健康食品の納豆だけど…
    健康食品の納豆だけど…

1日3パックを2か月で「お小水が白く」

   納豆の危険性が話題になったのは、あるユーザーが2015年9月5日に投稿した、こんなツイートがきっかけだった。

「元納豆屋からのお願いです。中年以降の方は、納豆の食べ過ぎが腎臓への負担になる点からお控え下さい。一日3パック120gを2か月続けた方々から『お小水が白く濁ってしまったけど食べ続けて大丈夫か』とのご質問を複数回受けましたゆえ」
「成長期のタンパク質をふんだんに必要とする年代はともかく、中年以降はタンパク質の過剰摂取を数か月連続するのは危険です。という話です」

   このツイートを見た人からは、「毎日3パックは食べ過ぎ」「単純に一日3パックって食べ過ぎwww」というツッコミも上がりつつ、

「朝の納豆はやめようかな......。いつもタンパク質、割と摂ってるから」
「中年になったら、糖質制限の高タンパクも大概にしとこう」

など「気を付けよう」という声や、

「納豆が危険ではなく、それ以外の食生活も調べないと。納豆よりも塩分過剰やアルコールでダメージ与えてた可能性もあるしね」
「原因は蛋白質の摂り過ぎでも納豆の食べ過ぎでもなくて、単純に運動不足って話なんじゃないの...?」

など「納豆だけが原因ではないだろう」という指摘などがツイートされ、盛り上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中