満月に向けて、財布を振ると...金運アップ!? 「スーパームーン」で噂を検証

印刷

   2015年9月28日は、いつもより月が大きく、明るく見える「スーパームーン」の日だった。

   目撃情報あふれるツイッターのなかで、記者は気になるクチコミを見つけた。

   満月の夜に財布を振ると、お金が増える。もちろん、財布の中身が物理的に増えるのではなく、「お財布の縁起が良くなって、間接的にお金が増える」のだろう。三度の飯よりお金が好きな記者は、さっそくトライしてみた。

動機は「今すぐまとまったお金が欲しい」

   日々爪に火を灯す生活の記者に、悠長なことを言っている暇はない。今すぐまとまったお金が欲しい。そこで、「1000円札を満月に向かって振りまくり、それを使ってスクラッチくじを引く」という実験を思いついた。

   スクラッチなら値段も手頃なうえ、当たればその場で換金できる。ムーンパワーの即効性を検証するにピッタリだ。記者はなけなしの1000円を握りしめ、夜の公園に向かった。

   空も澄んでおり、まさに絶好の月見日和。

   見て、この月。超まん丸。超光ってる。

まんまるお月さん

   まずは野口さんにパワーをたっぷり吸ってもらうべく、月に向かってかざしてみる。

野口さんに願う

   そして心なしか恍惚とした表情になった野口さんを......激しく振る!! 写真がぶれすぎて、なんだかスカイフィッシュ(※注:高速飛行する未確認生物)みたい!

早く振りすぎた

   そのまま5分ほど振り続けた。これで十分だろう。あとは翌日クジを買って削るだけだ!

喜び勇んで、くじ売場へ行くと...

   翌日のお昼、会社近辺の宝くじ売り場へ。「スクラッチください!」と元気よく駆け込んだところ、

「すみません。今日は完売です」

   うむ。人気のくじだし、場所によっては売り切れることもあるだろう。気を取り直して、何軒かハシゴしてみた。

「ごめん、今日売り切れちゃってるのよ!」
「あーもう終わっちゃって......」

   何かがおかしい。皆さん平日の昼間からそんなに削りまくっているのだろうか。そして最後の店で、思わぬ落とし穴を知った。

「今日は売り切れです。で、明日から新しい種類のやつがでます!

――どうやら入れ替え直前のタイミングだったらしい。振り上げた拳をどこにおろせばいいんだ! 削られたのは、クジじゃなくて、私の昼休みだったようだ。

   きっと月が言っているのだ。「今はまだ、その1000円札を使うステージではない」と。そう思わねばやってられない。

   次回のスーパームーンは、来年(2016年)の11月にあるらしい。こうなったら、それまでこの1000円をとっておいて、ムーンパワー2倍にしてから、改めてトライしてみよう。(当番:新人記者S)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中