トヨタ「レクサス」からスポーツクーペRCにターボエンジンを搭載した「RC200t」など発売

印刷

   トヨタ自動車は「LEXUS(レクサス)」からスポーツクーペRCに2.0Lターボエンジンを搭載した「RC200t」「同 F SPORT」を新たに設定、また「RC350」「RC300h」を一部改良し2015年10月1日に発売する。

   「RC200t」は2.0L直噴ターボエンジンを搭載した新モデル。ツインスクロールターボチャージャーと可変角を拡大したDual VVT-iWを組み合わせ、最適な燃焼効率を叶えるD-4STを採用することで、低回転域から大量のトルクを発生させ、なめらかな加速を実現したという。トランスミッションには8-Speed SPDS(電子制御8速オートマチック)を搭載し、本格的なスポーツドライビングを味わえる。また、フロントパフォーマンスダンパーを標準装備することで、ハンドリング特性をシャープに。高い操縦安定性を実現した。

   「F SPORT」は後輪左右の駆動トルクを適切に配分。高い走行性と優れた操縦安定性を実現するトルセンRLSDと、専用のオレンジブレーキキャリパー(フロント・リヤ/フロントLEXUSロゴ)をオプション設定した。

   全国のレクサス販売店で取り扱う。

   価格(税込)は521万円~678万円。

  • RC200t
    RC200t"F SPORT"
  • RC200t
    RC200t"version L"
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中