無料らっきょう終了に「C&C」ファン大ショック! ヘビーユーザーに聞いてみた

印刷

   東京西部を走る京王電鉄沿線などに展開する「カレーショップC&C」が、2015年10月いっぱいで、らっきょうの無料サービスを終了すると発表した。

世知辛さ○○倍? カレーショップC&C、11月から「らっきょう」を有料化

   しかし、このニュースを聞いても、いまひとつピンとこないJ-CASTマスコットキャラ「カス丸」。

   そこで、カス丸に「C&C」の魅力を伝えるべく、C&CヘビーユーザーのA氏(仮名)に話を聞いてきた。

  • 都内近郊に展開する「C&C」(写真は新宿本店)
    都内近郊に展開する「C&C」(写真は新宿本店)

「蕎麦屋でネギ取り放題終了みたいなもんよ」

   A氏は、20代後半の雑誌編集者で、大のカレー好き。京王沿線に育ったため、高校時代から「C&C」をこよなく愛してきた筋金入りだ。

   単刀直入にC&Cの魅力を聞いてみると、「新線新宿店だけかも」と前置きしつつ、「最大の魅力はBGMがビートルズで統一されていること」。

   えっ、カレーの味じゃないの? と、首をかしげたくなるが、「個人的にはふざけた回答じゃないんですよ」と熱弁する。たしかに雰囲気は重要だ。

オシャレな外観の新線新宿店
オシャレな外観の新線新宿店

   肝心のらっきょう有料化については、

「立ち食い蕎麦屋でネギ取り放題終了みたいなもんよ」

とコメント。いつも卓上にあることが当たり前で、「そこそこレアであることを忘れていた」そうだ。

卓上には「らっきょう」と「福神漬」

   らっきょう有料化の要因には、「らっきょう自体の供給減」もある。これについては、

「福神漬け市場に異変がないかマジ心配。敷衍するとさ、TPPで日本の農産物市場が大きく変わりそうじゃない? そうすると、えっそこ? みたいなところに影響でるんじゃないかなと思うよね! たとえば、寿司屋でガリ有料とかさ」

と、日本経済全体を視野に入れた発言が返ってきた。

おすすめのメニューは?

   話が大きくなったところで、おすすめメニューを聞いてみる。

「季節限定のサーモンフライカレーはオススメ。ノーマルならオムカレーシリーズですかね! 辛いのが苦手ならソフトエッグ(温玉)をトッピングしましょう」

   この情報をもとに、さっそくカス丸を連れて、新線新宿店(東京都新宿区)へ行ってきた。

A氏おススメの「オムカレー」
A氏おススメの「オムカレー」

   あいにくサーモンフライカレーはなかったので、オムカレー(550円)を注文。ルーの海一面に、らっきょうを泳がせる。

オムカレーとらっきょう
「うっ、ウマいじぇい!」

   感動で目を潤ませるカス丸。

   それを横目に、飼い主Kは「ああ、いい友人を持ったなあ」と、もらい泣きしてしまうのだった。

(当番:カス丸の飼い主K)

無料らっきょう終了を告げる張り紙
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中