もしかして「ヒューヒュー」してる? 期待しながら「い・ろ・は・す もも」を飲んでみた

印刷

   コカ・コーラシステムから10月6日(2015年)、天然水に山梨県産モモエキスを加えた新商品「い・ろ・は・す もも」が発売された。

   「天然水」と「桃」の組み合わせというと、JT(日本たばこ産業)から販売されていた「桃の天然水」(サントリー食品インターナショナルへ移行予定)を思い出す人も多いだろう。「桃の天然水」は、華原朋美さんがCMで連呼した「ヒューヒュー」なるフレーズで有名だ。

   そこで今回は「い・ろ・は・す もも」が、「桃の天然水」のようにヒューヒューしているのか調べてみることにした。

  • 「い・ろ・は・す もも」
    「い・ろ・は・す もも」

そもそも「ヒューヒュー」ってなんだ?

   そもそも「ヒューヒュー」ってなんだ。とりあえず、1998年ごろの「桃の天然水」テレビCMを確認してみたが、華原さんは「桃の天然水は、なんだかヒューヒューです」と言うだけ。ヒューヒューについての説明は皆無だ。

   2006年バージョンでも、同様に「ヒューヒュー」を連呼しながら、その意味には言及していない。もしかして、ヒューヒューには意味がないのか? それとも、視聴者がそれぞれ意味を見出すべきものなのか? はたまた、言葉自体は意味ないけど、声に出すことによって意味が生まれるのか――なんだか哲学みたいになってきた。とりあえず飲んでみることにしよう。

trend_20151007192750.jpg

   ひとくち飲むと、たしかに桃の味がする。ネクターのように濃厚ではなく、そこは「い・ろ・は・す」お得意のすっきりした後味。キーンと冷やして、まもなく来る小春日和の空の下で飲んだら最高だろう。

   冷えっ冷えを買ってきたつもりだったが、「ヒューヒュー」について調べている間に、完全なる常温に戻ってしまったのが惜しまれる。あいにく記者は「ヒューヒュー」を感じられなかったが、ツイッターではチラホラ感じてる人が見られる。

trend_20151007193107.jpg

   なお、ボトル上部のラベルには、「パッカーン! ももも、出ました」との売り文句が。どうやら「ヒューヒュー」ではなく、桃太郎つながりで「パッカーン!」の擬音を流行らせたいようだ。

   しかし「パッカーン!」って、どこかで聞き覚えのあるような。そういえばau(KDDI)のテレビCMで「桃ちゃん」が――なんて思っていたら、どうやら本家公認だったようだ。まさかのコラボレーション、こりゃカンパイだじぇい!

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中