2018年 10月 19日 (金)

大人気の原付、ホンダ「ジョルノ」フルモデルチェンジ スマホ用ソケットやアイドリングストップも

印刷

   ホンダは、おしゃれで高級感のあるスタイルが好評の原付スクーター「ジョルノ」の外観を一新するなどのフルモデルチェンジを行い、また生産を従来の中国から日本の熊本製作所に移管し、2015年10月16日に発売する。

  • ジョルノ(パールジャスミンホワイト)
    ジョルノ(パールジャスミンホワイト)
  • ジョルノ(パールマーメイドブルー)
    ジョルノ(パールマーメイドブルー)

従来の中国から国内生産に移管

   「ジョルノ」は、ファッションに敏感な若者層をターゲットとし、「丸くてかわいい」をスタイリングテーマに開発された。今回、外観を張りのある丸みを強調した、より親しみやすいデザインへ一新させるとともに、装備面においても、スマートフォンなどの充電に便利なアクセサリーソケットを標準装備するなど、さらなる機能向上を図っている。

   また、エンジンには原付スクーター「Dunk(ダンク)」や「タクト」で好評の、水冷4ストロークOHC単気筒50ccエンジン「eSP」を新たに搭載している。「電子制御燃料噴射装置」と「アイドリングストップ・システム」の採用などにより、優れた燃費性能と環境性能、力強い出力特性を実現しているという。

   カラーリングには、「パールマーメイドブルー」と「パールアンブラウン」の新色2種類を追加した6色で展開される。

   希望小売価格(税込)は18万9000円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中