「東京国際写真祭」を初開催 10月9日から10日間

印刷

   アートイベント「東京国際写真祭2015」が2015年10月9日から、東京都大田区のART FACTORY 城南島で開催される。今回が初めての開催。会期は18日まで。

   「FOCUS ON THE FUTURE(未来に焦点を合わせて)」というテーマのもと、国内外のトップレベルの写真家による展示や、海外ゲストによるトークセッション等さまざまなイベントが催される。

   メイン会場では、フォトキュレーター小高美穂さんによる企画展「What makes us "us" -私たちの世界の領域-」と、150人の写真家の中から15人の国際審査員が選んだ8人の写真家による国際巡回展「Human Condition(人間らしさ)」の2つのテーマ展示が行われる。現代アート陶芸家、三島喜美代さんの1980年代からのインスタレーション作品を中心とした展示と、国連による「持続可能な開発のための世界目標(Global Goals)」の認知を高めるためのプロジェクトである「プロジェクト・エブリワン(Project Everyone)」展の展示も行われる。

   国内外の写真家や専門家によるトークショーやシンポジウムは、会期中複数回開催予定。すべて日本語通訳付き。

   入場料は無料。

  • 「東京国際写真祭2015」HP画像
    「東京国際写真祭2015」HP画像
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中