「おにぎらず」に続く「ニュータイプおにぎり」話題 その名も「スティックおにぎり」

印刷

   握らずに作るおにぎり「おにぎらず」が定番化しつつある中、また別の「ニュータイプおにぎり」が登場した。

   その名も「スティックおにぎり」。テレビ番組でも紹介され、じわじわと人気を得ているようだ。

  • Google画像検索でも「スティックおにぎり」いっぱい
    Google画像検索でも「スティックおにぎり」いっぱい

「とんかつ定食風」や「生ハム巻き」などアイデア様々

   「スティックおにぎり」を取り上げたのは、2015年10月2日放送の「あさイチ」(NHK)だ。のりは巻かずに、細長くかたどったご飯を野菜などで飾り付けて食べるものらしい。

   新潟県在住の「スティックおにぎりの達人」、奥村万利子さんが紹介した作り方は、(1)ラップを広げ、その上にご飯を薄く広げる(2)具材をのせてラップを折りたたみ、転がしてスティック状にする(3)ご飯を具材で飾り、再びラップで巻けば完成、というごく簡単なものだった。

   奥村さんは、中にソースで炒めた豚肉とキャベツを入れ、表面にパン粉をまぶした「とんかつ定食風スティックおにぎり」を披露。自由自在なアレンジと食べやすさで、子どもも大喜びのようだった。

   場所を変えて東京・浅草では、赤ワインで炊いたご飯に黒オリーブを具材として入れ、生ハムで巻いて食べるオシャレなスティックおにぎりも登場した。

   一般社団法人おにぎり協会の中村祐介代表理事は、

「今までのおにぎりはどうしても主役になりづらかったけど、スティックおにぎりは主役級のメインとして出せるので、新しいおにぎりの地位が出てくるのでは」

と語っていた。

   実は有働由美子アナウンサーも以前から「スティックおにぎり」を作って持参していたそう。過去にあさイチで紹介された「ご飯を1センチの幅にして平たくして冷凍すると凍りやすい」という知恵を活用し、その冷凍ご飯をレンジでチンした後、具を入れてくるくると巻いているという。

   細長い形状なので、上半分と下半分で違う具を入れるという工夫もでき、のりが唇や歯に付かないのもいい、と「スティックおにぎり」の魅力を語っていた。

「食べやすい」「ポロポロこぼれなくていい」

   レシピサイト「クックパッド」では、「スティックおにぎり」で検索すると、100品のレシピがヒットする(15年10月12日現在)。

   中の具をアスパラにし、豚肉でご飯を巻いたスタミナ系のものから、ミートソースととろけるチーズを使った洋食風のもの、オムライスをスティックおにぎりに見立てたもの、表面を「キャラ弁」風にデコレーションしたものなどさまざまだ。

   作ってみたレポート「つくれぽ」では、

「すごいよこれ!子供も食べやすいし、大人の私も食べやすかったです!」
「かわいいし食べやすくていいですね♪」
「これならポロポロこぼれなくていいですね」

など、食べやすさの面で高評価が相次いでいる。

   作るのも簡単、食べるのも手軽で、いろんな工夫もしやすい「スティックおにぎり」。多くの食卓で主役となる日も遠くないかも?

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中