三菱電機が次世代の運転支援技術を搭載したコンセプトカー開発

印刷

   三菱電機は運転支援技術を搭載したコンセプトカー「EMIRAI3 xDAS(イーミライスリー エックスダス)」を開発。東京ビッグサイトで行われる「第44回東京モーターショー2015」(10月29日~11月8日)に出展する。

  • 近未来の安全で快適な車社会を実現するコンセプトカー
    近未来の安全で快適な車社会を実現するコンセプトカー
  • 近未来の安全で快適な車社会を実現するコンセプトカー
    近未来の安全で快適な車社会を実現するコンセプトカー

東京モーターショー出展「EMIRAI3 xDAS」

   「Feeling come true(想いを叶える)」をテーマに開発。最新のHMI(ヒューマンマシンインターフェース)を搭載し、快適な操作を実現した。速度メーター部とセンターディスプレイ部に、複数の液晶パネルを貼り合わせた新開発の「マルチボンディングディスプレイ」を搭載することで、インテリアと調和しながら高い視認性・操作性を確保。また、操作中の視線移動を低減する「視線移動低減HMI」や10メートル以上離れた位置を立体的に表示できる「3D-HUD(スリーディーヘッドアップディスプレイ)」によって、運転の快適性と安全性を向上させた。

   さらに、車内カメラや非接触の心拍検出装置で、ドライバーの運転状況を把握するドライバーセンシング技術も搭載している。また、テレマティクス技術を用いたクラウド連携によって、収集データを利用した運転状態に合わせた先読み提案を実現。

   その他、灯火制御技術を用いた路面ライディングにより、他車・歩行者に運転意図を通知することで事故防止にも貢献できるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中