ディズニーキャラ申年の"年男&年女"に地味さや不人気を懸念の声...でも未年のダニーだって最初はそうだった!

印刷

   東京ディズニーランド(TDL)東京ディズニーシー(TDS)では2016年1月1日~5日、正月限定のプログラムを開催するが、そのなかでフィーチャーされる干支にちなんだディズニーキャラクターの"年男&年女"に「キング・ルイ」「モンキー」「アブー」が指名された。いずれもふだんのTDLやTDSではなじみが薄く"地味"さを懸念(?)する声がファンからあがっているが、申年だけに、"ディズニー3ザル"ブームの予感も...。

  • 「アラジン」に登場するサルのアブー
    「アラジン」に登場するサルのアブー
  • 東京ディズニーランドのニューイヤーズ・グリーティング
    東京ディズニーランドのニューイヤーズ・グリーティング
  • ぬいぐるみバッジ 和服姿のミッキーマウス(左)、アブー
    ぬいぐるみバッジ 和服姿のミッキーマウス(左)、アブー
  • ポップコーンバケット ミッキーをモチーフにしただるまをデザイン
    ポップコーンバケット ミッキーをモチーフにしただるまをデザイン

不遇なキング・ルイ

   両施設を運営するオリエンタルランドは2015年10月20日に「TDLとTDSのお正月」プログラムを発表。そのなかで「干支の"申"にちなんだキャラクター」として、映画「ジャングル・ブック」(1967年公開)に登場するオランウータンのキング・ルイとモンキーのほか、映画「アラジン」(1992年公開)に登場する アブーを挙げ、「『ニューイヤーズ・グリーティング』に登場し、大活躍します」と予告した。

   ディズニーファンの間ではこの発表前まで「申年のキャラは誰になるのか」と話題になっており、ビデオ売り上げ本数1位の記録を持つなど日本で大人気の「アラジン」に登場するアブーは本命視されていた。しかし一方で、キング・ルイとモンキーはというと、ネット上では...

「来年は申年なので、アブーの人気が高まりそうですが、ジャングルブックのキング・ルイ、モンキーも忘れちゃダメですね!」

などと、"あの人はいま..."状態。映画の古さや、子ども受けが良いとはいえない印象のためか、今では存在感が薄いようだ。

   せっかくの"年男"の指名をうけたというのに、キング・ルイの不人気ぶりは痛ましいほど。

「アブーとモンキーは想定してたけど、キングルイのこと忘れてた」
「お正月アブーやモンキーが!!かわいいに違いない!」

   その一方、アブーの人気は高いらしい。

「もう四年も前から『申年はアブーだよね!』って期待してて、ずーーーっとわくわくしてたの!キングルイって発表に、『キングルイもすきだけどアブー...アブーは...!アブーを...!』って悲しんでたから、めっちゃくっちゃうれしい!!!」

   実際、新年を華やかに祝う「ニューイヤーズ・グリーティング」に登場するのは実は、サルのキャラではアブーとモンキーのみ。スペシャルグッズの「ぬいぐるみバッジ」もアブーのもののみとなっているなど、キング・ルイは見向きもされない。

声援あり!いざ年が明ければ大活躍の可能性も...?

   キング・ルイに対する声援もないわけではない。ファンやTDLへ遊びに行った人からは、

「ニューイヤーズグリーティングにキングルイはいらさらないのか?」
「キングルイに会って、来年申だね!カレンダーの一月に一番おっきく載ってたよ!!かっこよかった!!って言ったら照れた後に顔ずいって近づけてきて音ちゅ(キスする時にチュッと音がすること)頂いたから申年も悪くない」
「今日風で帽子が飛ばされちゃった時にキングルイ様が拾ってくれて形をととのえてくれてかぶせてくれた そのあとのハグもおとちゅーも嬉しかったー」

捨てるカミあれば拾うカミありか...。

   いざ申年になればキング・ルイの人気も上がり目があるかもしれない。未年の15年に"抜擢"されたヒツジの"ダニー"は、日本では公開もソフト化もされていない映画「わが心にかくも愛しき」(1949年に米で公開)に脇役で登場するマイナーなキャラで、当初は「誰?」と不安視されていた。それが今では多種のグッズ展開、9~10月のハロウィンイベントにも登場するなど大活躍中だ。ネットでも

「ダニーは干支が羊で登場ですが、グッズがたくさんなので、来年はキングルイのグッズが出るのかと考えちゃいます」

と期待する声がちらほら。頑張れキング・ルイ。正月限定プログラムの詳細は公式サイトで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中