2019年 5月 26日 (日)

カボチャ、安全に切ってみました! 「濃厚グラタン&タルト」で身体ポッカポカ

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』
trend_20151110122349.jpg

   先月末はハロウィン。みなさん、ハロウィンで使ったカボチャ、どうしましたか? 実はカボチャって、食べられるんですよ!知ってましたか?

   日本中がハロウィン熱に浮かれる中、カボチャが食材であるということを忘れかけていた人も多いことだろう。そこで今回は、手を切ってしまうおそれもある「カボチャ」を安全に切り分け、調理する方法を紹介したいと思う。

ポイントは「ヘタの周りの五角形」

   カボチャの下処理は厄介だ。表面が非常に堅く、正しく慎重に切らないと、手をケガする恐れがある。まずは安全簡単にカットする方法を確認しよう。カボチャはカットされた状態で売られていることが多いが、今回はあえて難易度の高い「1玉まるごと」に挑戦する。

   まずヘタを取る。包丁の付け根を使って、ヘタの周りに五角形の切り目を入れていく。

trend_20151110121744.jpg
trend_20151110121815.jpg

   このとき注意したいのは、「包丁の進行方向に手や腕を置かないこと」。手を滑らせないよう十分注意しよう。

trend_20151110123739.jpg

   続いて包丁の先に持ちかえ、五角形の切り口に沿ってさらに深く包丁を入れる。(ヘタの根元に届くように)

trend_20151110121931.jpg

   あとはテコの要領でヘタを押し出そう。

trend_20151110121955.jpg

   次に、カボチャの筋に沿って包丁で切れ目を入れていく。(表面一周分入れる)

trend_20151110122021.jpg

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中