2018年 9月 21日 (金)

スウェーデン発の空気清浄器「ブルーエア」からWi-Fi対応の「センスプラス」登場

印刷

   スウェーデンの空気清浄器メーカー「ブルーエア」の日本総代理店、セールス・オンデマンド(東京都新宿区)は2015年12月9日から、高い機能美を備えたWi-Fi対応インテリジェント空気清浄機「Blueair Sense +(ブルーエアセンスプラス)」を発売する。

  • 6色展開
    6色展開

デザインにも注目

   Wi-Fi機能搭載により、スマートフォンアプリ「Blueair Friend(ブルーエアフレンド)」と連動することで、運転速度やスケジュール、電源ランプの明るさなどをアプリ上で調整することが可能。

   目の大きさの異なる3層構成のフィルター仕様で、粒子イオン化技術を組み合わせた独自の方法により、高い除去率とハイスピード清浄の両立を実現した。

   スウェーデンのデザインスタジオ「クラーソン・コヴィスト・ルーネ(CKR)」による本体デザインも特長の一つ。

   推奨フロア面積は18平方メートル(11畳)以内で、カラーは6色。

   価格は5万5400円(税抜)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中