2019年 5月 26日 (日)

「左右非対称の眼鏡」ってなんだ? 「敢えて歪ませたフレーム」に隠された効果

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   眼鏡は、フレームが左右対称であることが多い。そんな中、敢えてフレームを歪ませ、左右非対称に作られた眼鏡がひそかに注目を集めている。ユニークなフレームの形状には、顔の左右差を目立たなくする工夫が施されている。

  • 左右非対称の眼鏡「レチルド」
    左右非対称の眼鏡「レチルド」
  • 歪んだフレームには顔の左右差を目立ちにくくする効果
    歪んだフレームには顔の左右差を目立ちにくくする効果

「左右非対称の顔」に合う眼鏡を提案

   非対称の眼鏡は、眼鏡店を展開するojim(オジム、東京都武蔵野市)が「レチルド」というブランド名で提供している。

   目やまゆ毛の高さなど顔のつくりが非対称の人が多いが、流通している眼鏡の多くは左右対称の設計だ。レチルドはこの点に注目し、「それぞれの顔の歪みである『利き顔』に合わせて提供できる眼鏡ブランドを作れば喜ばれるのでは」というコンセプトのもと開発された。

   特徴は、片方のフレームは上部を丸くし、もう片方をツノのようにとがらせたデザインだ。敢えて非対称にすることで、どんな効果が生まれるのか。担当者に話を聞いたところ

「眼鏡をかけた人を見る時、人は無意識にフレーム頂点に基準線を引き、相手の顔を認識します。なので、例えばまゆ毛の高さが異なる人が左右対称の眼鏡をかけると、パーツの高低差が目立ってしまうのです。そこでレチルドはフレームを敢えて左右非対称にし、顔の歪みを目立ちにくくする作りになっています」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中