2018年 6月 23日 (土)

外観も食感も「まるで白ごはん」 白米から一歩進んだ「もちぷちごはん」

印刷

   穀物メーカーのはくばくと神明、ファンケルヘルスサイエンスは2015年12月4日、共同開発した健康米「まるで白ごはん」「もちぷちごはん」の2品を発売する。

  • 「まるで白ごはん」
    「まるで白ごはん」
  • 「もちぷちごはん」
    「もちぷちごはん」

白米と雑穀はブレンド済み 手間が省けて簡単に仕上がる

   「まるで白ごはん」は、発芽玄米の糠を半分だけ削り白米のように白くつややかでふっくら炊きあがる発芽胚芽米「発芽米 ふっくら白米仕立て」と、大麦のなかでも白米のように白い「純麦」、加えてマンナンヒカリを採用。外観も食感も炊き上がりは「まるで白ごはん」のようになる。

   白米を食べている人も抵抗なく、おいしく感じられるベストな配合比率にもこだわった。内容量は1.8キログラム。希望小売価格は930円(税抜、以下同)。

   もち性の大麦を使用することで、もちもち・ぷちぷち食感をアップさせた「もちぷちごはん」も同時に発売される。味わい深く、プチプチ・もちもちとした食感の発芽玄米とマンナンヒカリを絶妙の配合で白米にプラス。内容量1.8キログラム。希望小売価格は980円。

   どちらも、すでに白米に雑穀がブレンドされている。炊飯したい分量をいつも通り炊飯器にセットするだけ。

   全国のスーパーマーケット、インターネットなどで購入できる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中