「Astell&Kern」初の一体型サウンドシステム「AK T1」 ハイレゾ音源など様々なフォーマットに対応

印刷

   パソコン用周辺機器などの代理店事業を手がけるアユート(東京都千代田区)は、韓国「Astell&Kern(アステル・アンド・ケルン)」ブランド初の一体型サウンドシステム「AK T1」の受注生産の受付を2015年12月1日から始める。納期は約1か月の見込みで、直販サイト「アキハバラe市場」での価格は44万4000円(税込)。

  • スピーカー配線のないオールインワンシステム
    スピーカー配線のないオールインワンシステム

DLNA、Bluetooth、ライン/光入力などサポート

   最先端のデジタルテクノロジーによる高品位なオーディオ信号を、各スピーカーユニットに最適化したデジタル/アナログ併用ハイブリッドアンプに伝送。3ウェイスピーカーシステムによる高いクオリティの音楽再生を楽しめる。

   有線/無線LANによるDLNA 1.0ネットワーク再生、apt-Xコーデック対応Bluetooth、インターネットラジオ「vTuner」をサポート。外部入力にAUX、OPTICAL(光ファイバー)を備え、USBストレージやmicroSD内の音源再生も可能だ。

   PCM 192kHz/24bit、DSD 5.6MHzなど、CDを超える高音質のハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源をはじめ、様々なフォーマットのデジタル音源の再生に対応するオーディオプレーヤーを搭載。操作は4型タッチディスプレイで行う。

   カラーはブラック、シルバーの2色。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中