オラトリオというジャンルで活躍したヘンデルの代表作「メサイア」(後編)

印刷

   バロックの2大巨匠、バッハとヘンデルは2人とも中部ドイツの出身で、1685年の同年生まれ、ともに音楽の巨匠であるという点は似ているものの、その生涯は対照的でした。バッハは海外の音楽様式も幅広く勉強するものの、一生出身地に近いドイツにとどまり、世俗的音楽よりも、「神に仕える」のを目的とする教会音楽の分野をきわめたため、一種孤高の高みにまで到達したのに対し、ヘンデルは、プロとしてのスタートからオペラにかかわり「人々に見て、聴いてもらって人気を得る」という、聴衆のための音楽のジャンルで活躍したのです。ヘンデルは、人々の好みや流行に敏感にならざるを得ませんでした。

  • メサイアの楽譜
    メサイアの楽譜
  • 有名なハレルヤコーラスの部分
    有名なハレルヤコーラスの部分
  • 「もろびとこぞりて」の作者が参考にしたといわれる合唱部分
    「もろびとこぞりて」の作者が参考にしたといわれる合唱部分
  • 「もろびとこぞりて」の作者が参考にしたといわれる合唱部分
    「もろびとこぞりて」の作者が参考にしたといわれる合唱部分

民衆が楽しめる「三枚目」の演出が少なかったヘンデルのオペラ

   音楽の最先端地域や、音楽がたくさん消費される地をもとめて移動したため、イタリア各地やロンドンに足を延ばし、最終的にイギリスに帰化までしてしまったヘンデルですが、同じ時期、音楽家だけでなく、王侯貴族も現代の我々が考えている以上に国境を越えました。ヘンデルはイタリア修行後ハノーファーで宮廷楽長に任命されたにもかかわらず、その地ではほとんど活躍せず、オランダ経由イギリスにわたり、以降ロンドンに腰を落ち着けてしまったことは先週書きましたが、なんと、そのハノーファーの選帝侯ゲオルク1世ルートヴィヒに、イギリスのアン女王の逝去によりイギリスの王位が転がり込み、ジョージ1世として即位することになったのです。ヘンデルとしては「元の雇い主がドイツからイギリスまで追いかけてきた」状態になったわけで、ハノーファーではずいぶんと不義理をしたために、気まずい思いをしたといわれています。もっとも、ヘンデルほど語学が達者でなかったジョージ1世は、ハノーファーにとどまることが多く、ロンドンには、あまり滞在しなかったようですが...。ヘンデルは、王様との仲を修復するために、「水上の音楽」を書いたともいわれていますが、それはまた別の話にしましょう。

   ロンドンには「イタリアで修業したイタリアオペラの専門家」として上陸したドイツ人のヘンデルは、「リナルド」や「忠実な羊飼い」、「ジュリアス・シーザー」といったオペラで成功しました。しかし、次第に、ヘンデルのイタリアオペラの人気は下降線をたどってゆきます。原因は一つではありませんでした。もともと、ロンドンの人々にとってイタリア語は外国語であり、英語の曲が求められたということや、本場イタリアからイタリア人音楽家も招聘されていたため、ヘンデルのライバルが増えてきた、また、ヘンデルのオペラはもっぱら貴族階級を意識したものであり、民衆も楽しめるような「三枚目」の演出が少なかった――というような各種の事情がありました。

「ハレルヤ・コーラス」の聴衆総立ちを習慣にした英国王

   しかし、めげないヘンデルは「オラトリオ」に舵を切るのです。オラトリオとは、舞台の演出装置や派手な衣装を使わない宗教的音楽劇というもので、多くは旧約聖書に題材をとったもので、教会で演奏されるというより、演奏会場で演奏される華やかな形式でした。ヘンデルは、一時期イタリアオペラと、英語によるオラトリオを並行して作曲し、その後、オラトリオに創作をしぼることになります。

   「メサイア」は1742年、ヘンデルが、57歳の円熟期に作られたオラトリオです。「救世主」の題名の通り、イエス・キリストの生涯を題材とする英語による壮大な物語で、演奏には2時間以上かかりますが、誰でも知っている聖書の物語に、ヘンデルの素晴らしい独唱曲や合唱曲が組み合わさって、幅広い人気を獲得しました。有名な「ハレルヤ・コーラス」の合唱部分では、上演を聞いていた国王ジョージ2世(前記ジョージ1世の息子)が、感激のあまり立ち上がってしまい、国王が起立したためにほかのすべての聴衆も儀礼上立ち上がるということになり、現在でもこの部分では、聴衆が総立ちで聴くのが習慣となっています。機を見るに敏で、語学に堪能で、エネルギッシュに音楽を吸収し、一方で量産するヘンデルの、それは人生のクライマックスの輝かしい一場面だったといえます。ヘンデルは生涯で、オペラを40曲弱、オラトリオを22曲作り、実際は「オペラ作曲家」だったのですが、人生の後半で心血を注いだオラトリオ、特に「メサイア」があまりにも人々に愛されたため、オラトリオ作曲家として記憶されることになりました。彼のオペラは現在では全幕上演されることが非常に稀になっています。

    クリスマスに良く歌われるキャロル「もろびとこぞりて」は、19世紀にアメリカの讃美歌作者ロジャー・メイスンが、この「メサイア」の合唱をもとに作曲したといわれています。ヘンデルの音楽の持つ華やかさが、受け継がれている曲といえるかもしれません。

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中