2018年 12月 12日 (水)

「日伊国交樹立150周年記念 ボッティチェリ展」東京都美術館で1月16日から 日本初の本格的大回顧展

印刷

   東京都美術館(東京都台東区上野公園)で、2016年1月16日から4月3日まで「日伊国交樹立150周年記念 ボッティチェリ展」が開催される。レオナルド・ダ・ヴィンチやラファエロに並ぶ画家と称され、イタリア・ルネサンス期を代表する巨匠の一人、サンドロ・ボッティチェリ(1444-1510=生年については45年、46年説も)の日本で初めての本格的な回顧展。

  • 巨匠ボッティチェリの初期から晩年までの画業をたどる
    巨匠ボッティチェリの初期から晩年までの画業をたどる

世界各地から作品20点以上集めることに成功

   日伊国交樹立150周年を記念する企画としてイタリア政府の全面的な協力のもと実現することになった。フィレンツェを中心に世界各地から貴重なボッティチェリの作品を20点以上も集めることに成功した「大回顧展」。

   ボッティチェリの師フィリッポ・リッピと、弟子でありライバルでもあったフィリッピーノ・リッピの作品なども交え、優美なるルネサンスの春を文字通り体現した巨匠ボッティチェリの初期から晩年までの画業をたどる。

   東京都美術館の企画棟企画展示室で。開室時間は、9時30分から17時30分(金曜日は20時まで延長)。入室は閉室の30分前まで。

休室日は毎週月曜日と3月22日。ただし、3月21日と28日は開室。

   観覧料(税込)は、一般1600円(前売1300円)、大学1300円(同1100円)、高校生800円(同600円)、65歳以上1000円(同800円)、中学生以下無料。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中