2018年 10月 23日 (火)

京急初の片側4ドア車両「700型」を数量限定販売 京急百貨店の「鉄道フェア」

印刷

   横浜市の京急百貨店で2015年12月26日から行われる「第7回京急鉄道フェア」で、人気の鉄道車両のディスプレイモデル「鉄道コレクション 京浜急行電鉄 700形(非冷房車)2両セット」を6000個限定で販売する。

  • 鉄道コレクション 京浜急行電鉄700形(非冷房車) 2両セット
    鉄道コレクション 京浜急行電鉄700形(非冷房車) 2両セット
  • 小さい正面窓が特徴の700形(初期車登場時)
    小さい正面窓が特徴の700形(初期車登場時)

往年の通勤電車 コレクションモデル6作目

   京急700形は、1967年に登場し、ラッシュ時の停車時分短縮を図るため同社で初めて片側4か所のドアを採用した車両で、主に本線の普通や大師線などで高度成長期の通勤輸送に活躍した。今回販売する商品は、初期に製造された「高運転台」と呼ばれる正面窓が小さいタイプの車両を模型化したもの。

   鉄道コレクションは、実物の150分の1の展示用模型で、Nゲージと呼ばれる鉄道模型の規格に準拠しており、別売部品を組み合わせることで、走行可能な模型に改造することもできる。

   販売価格は3000円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中