シャープから「DCハイブリッドエアコン」...クラウド蓄電池と組み合わせて電力を効率的に

印刷

   シャープは、「DCハイブリッドエアコン」を2015年12月中旬に発売する。

   別売の「クラウド蓄電池」と組み合わせて、電力ロスの大きいAC(交流)変換をせず、蓄電池にDC(直流)で蓄えられた割安な電力を室外機へ直接供給することで、変換ロスを最大約5%低減できるといい、電気を効率よく使用できる。

   さらに別売の「クラウドHEMS」と組み合わせれば、割安な深夜の電気を蓄えて割高な時間帯に使用可能。蓄電池やエアコンと連携し、時間帯や太陽光発電の状況、蓄電残量などに応じ、DCとACを自動で切り替えて最適な「DC/ACハイブリッド運転」を行える。

   カビの発生原因を防ぐ「風クリーンシステム」、冷房時の冷えすぎを抑え、暖房時は足元から暖める「ロングパネル気流制御」、室内の空気を清浄「プラズマクラスター25000」など、エアコンとしての基本性能も充実。スマートフォンによる屋外からの遠隔操作や、便利な使い方・機能を音声で知らせる「ココロエンジン」などに対応する。

   冷暖房能力などに応じ3機種をラインアップ。価格は52万円~69万円(税別)。

  • 蓄電池+HEMSと連携、一歩進んだエコなエアコン
    蓄電池+HEMSと連携、一歩進んだエコなエアコン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中