ASUSからスリムな液晶一体型PC「Vivo AiO」奥行18.5cmのスペースに設置可能

印刷

   パソコン(PC)およびスマートフォンなどを扱うASUS JAPAN(エイスース・ジャパン、東京都千代田区)は、液晶ディスプレイ一体型PC「Vivo AiO(ビボ・エーアイオー)」を2015年12月11日に発売。

  • オフィスソフトも備えるオールインワンPC
    オフィスソフトも備えるオールインワンPC
  • ワイドTFT液晶ディスプレイを搭載
    ワイドTFT液晶ディスプレイを搭載
  • 奥行き約18.1センチのスペースに設置できるスリムデザイン
    奥行き約18.1センチのスペースに設置できるスリムデザイン

「Office Home and Business PremiumプラスOffice 365サービス」プリインストール

   アルミのヘアライン加工、建築の造形からインスパイアされた形状のスタンドを備え、奥行き約18.1センチのスペースに設置できるスリムデザインを採用。

   21.5型フルHD(1920×1080ドット)ワイドTFT液晶ディスプレイを搭載。独自の「ASUS SonicMaster」技術による臨場感あるサウンド再生に対応し、リビングなどで本格的なマルチメディア体験が可能だという。マイクロソフト「Office Home and Business PremiumプラスOffice 365サービス」をプリインストールする。

   OSは「Windows 10 Home」(64bit版)、CPU(プロセッサー)はインテル「Celeron N3050」、メモリーが4GB、ストレージが1TB HDD(ハード・ディスク・ドライブ)。IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポート。ワイヤレスキーボード/マウスなどが付属する。

   市場想定価格は8万4800円(税別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中