2021年 6月 16日 (水)

NHK大河の『真田丸』は期待できるか 主人公を演じる堺雅人と脚本の三谷幸喜のコンビ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「日本一の兵」と称賛された

もしも真田幸村が中小企業の社長だったなら
もしも真田幸村が中小企業の社長だったなら

   戦国武将が現在の社長であればどんな生き方をするのだろうか。今の経営者も死ぬか生きるかの戦いを繰り広げている。ビジネス戦争と同じではないが、戦乱の世を生き抜いた武将たちから学ぶべきものは多い。かつて山岡荘八の『徳川家康』は経営者の虎の巻として長くベストセラーとなった。大坂の陣で家康を追い詰め、「日本一(ひのもといち)の兵(つわもの)」と称賛された真田幸村の場合はどうか。

   『もしも真田幸村が中小企業の社長だったなら』(著・井上ミノル、1080円、創元社)は、幸村はじめ個性豊かな武将たちや女たちの戦いを現代の百貨店競争になぞらえて描く。豊臣秀吉と家康が東西二大百貨店を経営し、幸村は製靴メーカーという設定だ。笑って学べる歴史コミックである。

   著者の井上ミノルさんはイラストレーター&ライター。2013年にコミックエッセイ『もしも紫式部が大企業のOLだったなら』を刊行している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!