2018年 11月 19日 (月)

読モが枝野氏に「素朴な疑問」ぶつける 十代限定「民主党ハイスクール」23日に渋谷で"1時限目" 参加者募集中

印刷

   2016年夏の参院選から「18歳選挙権」が導入される見通しになったことを受け、民主党は十代向けのPRイベント「民主党ハイスクール」を開く。初回は"1時限目"として15年12月23日、東京・渋谷のレストランで開催。若者のパネラーがパネルディスカッション形式で枝野幸男幹事長に対して「どこで投票ができるのか」「政治家はどんな仕事をしているのか」といった基礎的な事柄から疑問をぶつける。

  • 読者モデルが枝野幹事長(中央)質問をぶつける
    読者モデルが枝野幹事長(中央)質問をぶつける

16年参院選からの「18歳選挙権」に備え

   若者のパネラーとして参加するのは、「LINEの神」として知られる高校生ライターの黒川祐希さん(16)、雑誌Seventeen(セブンティーン)専属モデルの藤井サチさん(18)、ガールズユニットのアイドルグループ「KissBee(キスビー)」研究生のRaMuさん(18)、読者モデルの紗蘭(SARA)さん(18)、同じく読者モデルの松本鈴香さん(20)。コーディネーターは西田亮介・東京工業大学准教授が務める。

    参加資格は「20歳未満」。参加は無料で、12月22日までに民主党青年委員会のウェブサイトで申し込む。定員(50人)に達し次第締め切る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中