2019年 12月 8日 (日)

クリスマスに輝き増す東京タワー、実は...首都護る"魔よけ"として建てられた

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   1958年の12月23日に完成した東京タワー。電波塔としての役目を終え、新名所・東京スカイツリーが登場した今でも"首都の象徴"として多くの人に愛されている。12月はクリスマスのイルミネーションに彩られるなどいつもと違う装いの美しさも格別。今回は ミステリーから長編恋愛小説まで「東京タワー」にまつわる3冊をご紹介。

    J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ(https://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

2つの塔から江戸・東京の"鬼門"の秘密が浮かび上がる

東京スカイツリーと東京タワー―鬼門の塔と裏鬼門の塔
東京スカイツリーと東京タワー―鬼門の塔と裏鬼門の塔

   東京の"新旧"の電波塔が実は、皇居の鬼門と裏鬼門の方角に向かい合うようにそびえ立つ。果たしてこれが偶然なのか?『東京スカイツリーと東京タワー―鬼門の塔と裏鬼門の塔』(著・細野透、1728円、建築資料研究社)では、一級建築士であり、建築・住宅ジャーナリストの細野氏が1000年前に予言されていたという新タワーの"幸運"や2つの電波塔の隠された正体について考察する。

   「鬼門とは何か」「江戸の鬼門対策」「鬼門と明治維新」「世界の『タンゲ』一代記」「富士山に魅せられた建築家」「西郷隆盛像の大きな目」「鬼門の塔、裏鬼門の塔」「『作庭記』の予言」など全12章。

   平将門、西郷隆盛から丹下健三まで、歴史的人物が登場する時空を超えた壮大なスケールの謎解きが楽しめる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!