京都発の「割烹牛カツ」新店舗が池袋に シークレットイベントも開催

印刷

   京都発の"行列のできる牛カツ専門店"「京都勝牛」を運営するゴリップは、同店池袋東口店(東京都豊島区東池袋)を2015年12月27日にオープンする。また、前日26日は1日限定のシークレットベントを開催する。

   「勝牛」は「和の牛カツ」をテーマにした牛カツ専門店で、厳選された牛肉を使用し、中はミディアムレア、外はサクサクの牛カツと、半熟卵のてんぷら「京玉天」のセットが特徴。東京では池袋東口店が6店舗目。

   26日限定で開催されるイベント期間は、看板メニューである「牛ロースカツ京玉天膳 小100g」(税抜1280円)が、半額以下の500円で販売される。

  • 京玉天や特製のカレーつけ汁もついた「牛ロースカツ京玉膳」
    京玉天や特製のカレーつけ汁もついた「牛ロースカツ京玉膳」
  • 店内風景
    店内風景
  • 店頭のショーケースには厳選牛肉が並ぶ
    店頭のショーケースには厳選牛肉が並ぶ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中