2018年 9月 18日 (火)

東池袋・新文芸坐で「銀幕に輝きつづける、永遠のヒロイン 追悼 原節子」開催

印刷

   東京・東池袋の新文芸坐では、2016年1月17日から、「銀幕に輝きつづける、永遠のヒロイン 追悼 原節子」を開催する。30日まで。

  • 劇場内観
    劇場内観

戦前の出演作も上映

   15年9月5日に亡くなった昭和を代表する女優原節子さんの追悼企画で、出演作28作品を上映する。原さんと名コンビだった小津安二郎監督の作品からは、「東京物語」「東京暮色」「晩春」「麦秋」「小早川家の秋」「秋日和」が上映される。

   他にも、「めし」や「山の音」などの成瀬巳喜男監督作品、黒沢明監督の「白痴」、「河内山宗俊」「新しき土」など戦前の作品も上映予定。

   入場料金は、一般1300円、学生1200円、友の会会員・シニア・障がい者・小学生以下(3歳以上)1050円、ラスト1本850円(友の会・シニア800円)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中